生前対策丸ごとサポート

相続のご相談は武蔵野経営法律事務所

遺言を書いた方がいい人はどんな人だと思いますか?

答えはほぼ全員が書いた方が良いということになります。

なぜなら、遺言を書かないと相続発生後に相続人間で紛争が起こり、大切なご親族が離散する可能性が高いからであり、揉めた場合に解決までに要する時間・費用が膨大になる可能性が高いからです。

弁護士の仕事とは、一般的には、もめごとの解決であると思われがちですが、法律知識を駆使して、もめごとの事前対策・未然防止をすることも弁護士の立派な仕事の一つです

そして、もめごとの事前対策・未然防止に必要なものこそ、遺言です。なお、民事信託(家族信託)という手法もありますが、これについては、別の項で改めてご説明いたします。

ここで、遺言がない場合に必要な手続をみると、

遺言がない場合に必要な手続き

①本人の死亡

②遺産はいったん相続人間の共有状態

③相続調査(相続人の確定・相続財産の調査)

④相続人全員で遺産分割協議を実施

⑤まとまらない場合は家庭裁判所での遺産分割調停・審判

⑥分割協議書・調停調書・審判をもとに、不動産の名義変更、預金の引き出し等の相続手続

が必要となり、遺言がない場合の相続手続には、相当な時間と労力・費用がかかることになります。

遺言がある場合の手続

①本人の死亡

②遺言により、遺産は直ちに各相続人に帰属

③遺言執行(「相続させる」旨の遺言では、執行行為も不要)

これだけです。

そうしますと、遺言作成のメリットとしては

①複雑で費用がかかる相続調査が不要になる

②時間がかかる遺産分割協議が不要になる

③相続税の特例適用による節税が可能になる場合がある

など、多くのメリットが挙げられます。

このように、遺言作成には多くのメリットがありますが、

遺言作成を弁護士に依頼すべき5つの理由は以下のとおりです。

①法律上の要件に違反する遺言は無効となってしまう

②正しい遺言の作成には判例の理解が必須である

③遺言執行には公平中立の第三者専門職が適任である

④遺留分侵害のおそれのある遺言を避けられる

⑤税務面の配慮ができる

これまでに述べたように、遺言を作成しないと、残されたご家族を不幸にしてしまうこともあり得ます。あなたの大切な財産を守り、残されたご家族の幸せのためにも、遺言を作成するのに早すぎることはありません。

遺言の作成は、今すぐにでも取り組みましょう。