弁護士ドットコムに当事務所の弁護士加藤剛毅の記事が掲載されました

相続の相談

当事務所の代表弁護士、加藤剛毅は、さいたま家庭裁判所の家事調停官の経験があり、相続を中心とする家事事件の専門家として活動しております。

今回、弁護士ドットコムに掲載された記事はこちらです。

財産目当て、高齢の親を「囲い込み」…親族との面会妨害、やったもん勝ちの現状

高齢になった親の面倒を見ている子どもが、他の家族との面会を妨害して財産を独占しようとする「囲い込み」の事例が多くなってきています。

「囲い込み」について、当事務所の代表弁護士の加藤剛毅が実際に扱った事例を紹介しながら、解決策を提案している内容となっております。

もし、このような「囲い込み」に困っている方がいらっしゃいましたら、この記事を参考にいただければと思います。

当事務所の解決事例についてはこちら>>>

相続トラブルのご相談についてはこちら>>>

 

この記事の執筆者

加藤 剛毅
加藤 剛毅弁護士 元さいたま家庭裁判所家事調停官
専門分野:相続、不動産、企業法務
経歴:埼玉県立熊谷高校から早稲田大学法学部に進学。卒業後、平成16年に弁護士登録。平成21年に地元である埼玉に弁護士会の登録替え。平成26年10月より、最高裁判所よりさいたま家庭裁判所の家事調停官(いわゆる非常勤裁判官)に任命され、4年間にわたり、週に1日、さいたま家庭裁判所に家事調停官として勤務し、数多くの相続事件を担当。平成30年5月に武蔵野経営法律事務所を開業し、現在に至る。

家事調停官の経験を活かし、相続事件の依頼者にとって最適な解決に導くサポートを実施している。

家事調停官時代の件数を含めて、相続事件の解決実績は250件以上に上り、地域内でも有数の実績である。

お知らせの最新記事

04-2936-8666

04-2936-8666

平日9:00~20:00

お気軽にお電話ください

04-2936-8666

受付時間:平日9:00~20:00