弁護士ドットコムに当事務所の弁護士加藤剛毅の記事が掲載されました

相続の相談

当事務所の代表弁護士、加藤剛毅の書いた記事が弁護士ドットコムに掲載されました!

当事務所の代表弁護士、加藤剛毅は、さいたま家庭裁判所の家事調停官の経験があり、相続を中心とする家事事件の専門家として活動しております。

今回、弁護士ドットコムに掲載された記事はこちらです。

借金まみれの元夫 子どもに借金を背負わせないためには?

浪費癖が激しく、借金が非常に多かった元夫と離婚したのはよいものの、元夫が借金を遺して亡くなった場合、その借金(債務)は、相続人である子どもが相続してしまうことになってしまいます。しかも、元夫と音信不通になっているために、相続放棄の申述期間である死後3か月が経ってから初めて死亡したことを知ることになるおそれもあります。

その場合の解決策等について、当事務所の弁護士加藤剛毅が解説しております。

ぜひご参考までに、ご覧ください。

当事務所の解決事例についてはこちら>>>

相続放棄についてはこちら>>>

相続トラブルのご相談についてはこちら>>>

お知らせの最新記事

04-2936-8666

04-2936-8666 メール