新座で相続問題・相続トラブルにお困りの方へ

入間で相続問題にお困りの方へ新座にお住まいの皆様、はじめまして。

所沢に事務所を構える武蔵野経営法律事務所の代表弁護士の加藤剛毅と申します。

当事務所は新座駅からJRと西武池袋線で約25分、所沢駅から徒歩5分の場所にあり、新座にお住まいの皆様から非常にお越しいただきやすい事務所となっております。

また、新座から車でお越しの方は、新座から所沢にございます当事務所までの所要時間は約30分でございます。

相続に強い所沢の法律事務所、武蔵野経営法律事務所では、新座の皆様からも多くのご相談をいただいております。

弁護士として遺産分割協議・調停・審判、遺留分などの相続トラブルの解決のご依頼や相続放棄、相続手続などの相続手続、遺言書作成などの相続生前対策に関するご依頼を新座にお住まいの方にも提供しております。

 

新座から多く寄せられるご相談内容

相続でこんなお悩みありませんか?

相続財産の分け方で困っている

親族が揉めていて話し合いが進まない
相続財産で争いたくない

このような方はこちらをクリック

最低限の相続分がもらえない

親の財産を相続できない
遺言に自分の相続分が書いていない

このような方はこちらをクリック

財産の使い込みで困っている

財産を使い込んでいる相続人がいる
預貯金の使い込みがばれてしまった

このような方はこちらをクリック

相続手続をおまかせしたい

遺言の内容で相続手続を進めてほしい
相続手続が面倒で全ておまかせしたい

このような方はこちらをクリック

故人の遺言書が出てきて困っている

故人の遺言書の手続の仕方がわからない
故人の遺言書の内容に納得できない

このような方はこちらをクリック

自分の相続に備えて準備がしたい

家族に自分の財産をのこしたい
相続人以外に財産を残したい人がいる

このような方はこちらをクリック

新座市のご紹介

新座市新座市は、都心からおこよ25km圏に位置し、西武池袋線、武蔵野線、東武東上線とさまざまな路線があります。

新座市は都心までのアクセスに恵まれた利便性の高い環境でありながら緑が豊かで平林寺や野火止用水などの文化遺産が多く残っています。天然記念物の林や、有形文化財といった歴史的価値の高いスポットとして県内外から多くの参拝客が訪れます。

 

新座市の相続手続き

新座市役所

住所:〒352-0011 埼玉県新座市野火止1丁目1−1

業務時間 :平日午前8時30分~午後5時15分

閉庁日 :土・日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

取扱業務:戸籍謄本・固定資産税評価証明書の取得など

代表電話番号: 048-477-1111

 

法務局

さいたま地方法務局 志木出張所

住所:〒353-0004 埼玉県志木市本町1丁目4−25

業務時間 :平日午前8時30分~午後5時15分

取扱業務:不動産登記関係・遺言書保管・法定相続情報証明交付など

※登記手続に関するご案内は予約制となっています。

代表電話番号: 048-476-1230

 

家庭裁判所

さいたま家庭裁判所 

住所:〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45

業務時間 :平日午前8時30分~午後5時15分

取扱業務:遺言書の検認・開封・相続放棄の申立・遺産分割調停など

電話番号: 048-864-4111

 

税務署

朝霞税務署

住所:〒351-8601 朝霞市本町1丁目1番46号

業務時間 :平日午前8時30分~午後5時

取扱業務:所得税・相続税の確定申告手続きなど

代表電話番号: 048-467-2211

 

公証センター

所沢公証役場

住所:〒359-0035 埼玉県所沢市西新井町20−10 西新井パークフラット 1階

業務時間 :平日午前9時~午後5時

取扱業務:公正証書遺言の作成など

電話番号: 04-2994-2323

浦和公証センター

住所:〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目7−2 タニグチビル

業務時間 :平日午前9時~午後5時

取扱業務:公正証書遺言の作成など

電話番号: 048-831-1951

 

ガス・電気・水道

東京電力エナジーパートナー(株) 埼玉カスタマーセンター

業務時間 :月曜日~土曜日(休祝日を除く)午前9時~午後5時

電話番号: 0120-995-441

新座市役所 新座市水道お客様センター

業務時間 :月曜日~土曜日8時30分~午後6時

電話番号: 048-424-8276

東京ガス(株) お客さまセンター

業務時間 :月曜日~土曜日9時~午後7時

日曜日・祝日9時~1午後5時

電話番号: 0570-00-2211(ナビダイヤル)03-3344-9100(IP電話等)

ニチガス

業務時間 :平日 午前9時~午後5時30分

土・日・休祝日 午前9時~午後5時30分

電話番号: 03-5308-2111

新座市の方から相続についてのご相談

新座市からのご相談事例

特定の相続人が被相続人の生前に被相続人の預貯金を使い込んでいた事例

ご相談者は新座市在住のA様です。

ご相談者の父親が亡くなり、相続人は兄弟二人(妹)だけなのですが、司法書士及び税理士の関与のもと、遺産分割協議を成立させたあと、他方の兄弟(妹)が、被相続人の生前に多額の預貯金を引き出していたと思われることが判明し、一定の金額を返還してほしいというご相談内容でした。

そこで、遺産分割協議は有効であることを前提に、本来であれば、遺産分割協議の際に多額の引出しの事実が明らかになっていれば、分割協議の際に考慮できたはずであったにもかかわらず、他方の相続人(妹)がそのことを隠していたため、分割協議で考慮できなかったということで、他方の相続人に対し、不当利得返還請求訴訟を提起することでアドバイスをしました。

この相談事例の詳細はこちらでご覧ください>>

相続が発生したら、まず相続財産調査を行う必要があります。

相続するか、相続放棄をするかというのも、財産調査をしていないと判断できません。

もし仮に、マイナスの財産が存在することを知らずに遺産分割を実施してしまい、遺産の全部又は一部を処分した後に被相続人に借金があることが発覚した場合、「法定単純承認」として、もはや相続放棄をすることができなくなってしまいます。そのようなトラブルも発生しうるのです。

ですから、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内(「熟慮期間」といいます)に確実に相続財産調査を完了し、必要な場合は相続放棄の手続を取る必要があります。

また、相続財産の全容を把握していないと、相続税の申告もできません。もし、財産調査をせず、あとから多額の財産が見つかった場合、相続税の申告期限(相続発生を知ってから10か月以内)までに申告が間に合わない、という事態が起きてしまう可能性があります。

このような事態が発生した場合、税務調査をされたり、無申告加算税や重加算税等の追徴課税をされたりする危険性があります。そのためにも、相続財産調査で必ず財産の全容を把握すべきです。

マイナスの財産の例

マイナスの財産の例としてまず挙げられるものに、住宅ローンがあります。被相続人がまだローンを完済していない場合、その債務は相続人が相続することになります。

また、クレジットカードの支払残高もマイナスの財産のひとつです。相続が発生したことを金融機関が知った際には、預貯金の口座は凍結されますので、支払が行われなくなり、督促状が届く場合があります。

住宅ローンやクレジットカードの場合は、まだ明確に書類や債務の支払い帳票等の書類が定期的に届くため、その存在を把握するのは比較的容易ですが、まったく家族に内緒の借金があり、突然取り立てがあった、という事例もあります。

このような事態を避けるために、相続が開始したら弁護士等に依頼して徹底的な財産調査を行うことが非常に重要です。
関連記事

相続放棄しても生命保険金は受け取れるの?>>

弁護士に依頼すべき相続放棄とは?相続財産管理人選任の申立て>>

新座にお住まいの方の相続の相談実施中!

弁護士による相続問題の無料相談相続に強い法律事務所、武蔵野経営法律事務所では、初回相談は60分無料ととなっております。

 

「相続財産の分け方でトラブルになりそうだ」

「相続手続をしたいが、どう進めればよいかわからない」

「自分の死後、子どもを困らせないために相続対策をしておきたい」

 

などの新座にお住まいの方のニーズに、当事務所の弁護士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずはお気軽に事務所での無料相談にお申し込みください。

 

ご来所いただきましたら、ていねいにお話をお伺いした上で、お困りの相続問題に関して最良の解決方法をご提案させて頂きます。

実際にご依頼するかどうかは、弁護士による相続の無料相談を終えてからご検討ください。

事前に親族関係や遺産を整理いただき、関連する書類をお持ちいただくことで、弁護士がより正確に状況を把握することができ、より適切なアドバイスが可能となります。

必要な書類などはご予約の際にお伝えさせて頂きますのでご安心ください。

相談の流れについてはこちら>>>

当事務所の相続問題解決の特徴

詳しくはこちらから>>>

 

弁護士に相続の相談をする理由

お早目に弁護士に相談いただくことで、相続や遺産分割問題の早期の解決につながります。

新座で相続お困りの方はまずは無料相談を。

無料相談のお申し込みはお電話(04-2936-8666)またはメールで受け付けしております。

 

新座にお住まいで相続トラブルにお困りの皆様へ

相続財産の分け方についてあなたのご家族やご親族が亡くなり、遺産相続を進めるなかで、相続財産を誰がどのくらい取得するのかを、相続人の間で決める「遺産分割協議」が必要になります。

 

※故人が遺言書を作成しており、遺言書が有効な場合は不要になります。遺言書を発見した場合は、いきなり開封するのではなく、家庭裁判所にお持ちいただく必要があります(自筆証書遺言の場合)。

詳しくはこちら>>

 

遺産分割協議の内容には、全員が同意をしたうえで、遺産分割協議書という書類に内容をまとめます。遺産分割協議書に全員の実印の押印と印鑑証明書の添付が必要になります。

 

しかし、中には

 

「自分に分けられた相続財産が少なく、不満だ」

「自分は故人の介護をしてきたが、なぜ取り分が変わらないのか」

 

遺産分割協議の内容に納得いかず、反論や不満を突き付けてくる人もいます。こうなってしまうと、遺産分割の話し合いが全く進めなくなるなど、遺産相続手続に大きな支障がでてきます。

また、場合によっては遺産分割の話し合いに応じない、財産の分け前を一方的に主張するなど、家族や親族でありながら信じられないような態度をとられることで、家族の仲が悪化し、トラブルに発展してしまう可能性があります。

 

相続トラブルは所沢の弁護士に相談そこで、遺産分割について、弁護士が依頼者の立場から遺産分割の案を提案することにより、円満かつスムーズな遺産分割問題の解決につながる可能性が高まります。

加えて、すでに相続トラブル(争族)に発展してしまった場合でも、遺産分割調停等で弁護士によるサポートを通して相続トラブルを解決することができます。

 

もちろん、遺産分割協議が成立した後の遺産分割協議書作成や、相続財産の分け方が決定した後の相続手続まで、まとめてサポート可能です。

 

新座で下記のようなお困りごとがある方はご相談ください。

 

相続トラブル・遺留分問題

・遺産の中に不動産があり、家族が納得する分け方がわからない

・長い間音信不通だった兄弟が急に相続分を主張して困っている

・相続財産の大半を他の兄弟に譲り、自分には一切残さないという遺言が見つかった

・亡き父の遺言とおりに相続の手続を進めていたら、突然ほかの相続人が遺留分を侵害されているといってきた

 

相続財産の分け方(遺産分割)についてお困りの方へ>>

最低限の相続分がもらえない場合・もらえないと指摘された場合>>

 

相続生前対策

・家族間の仲が悪く、自分の死後相続トラブルになりそうだ

・介護で特に世話になった子に多くの財産を承継したい

・自分が認知症になった後の財産の管理を任せたい

 

ご自身の相続に備えて準備がしたい方へ>>

 

また、所沢に限らず、新座など埼玉県内での対応も実施しております。加えて、遠く離れた父母の相続問題の相談も受け付けております。

ついつい感情的になりがちな遺産分割についても、冷静にかつ円満に解決できるよう、依頼者の立場に立って弁護士が法的なアドバイスや交渉代行を行います。

相続をきっかけにして、相続人どうしがいがみ合う、いわゆる「争族」にならないように、弁護士が知恵と知識と経験でサポートさせていただきます。

 

新座にお住まいの方の相続の相談実施中!

弁護士による相続問題の無料相談相続に強い法律事務所、武蔵野経営法律事務所では、初回相談は60分無料ととなっております。

 

「相続財産の分け方でトラブルになりそうだ」

「相続手続をしたいが、どう進めればよいかわからない」

「自分の死後、子どもを困らせないために相続対策をしておきたい」

 

などの新座にお住まいの方のニーズに、当事務所の弁護士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずはお気軽に事務所での無料相談にお申し込みください。

 

ご来所いただきましたら、ていねいにお話をお伺いした上で、お困りの相続問題に関して最良の解決方法をご提案させて頂きます。

実際にご依頼するかどうかは、弁護士による相続の無料相談を終えてからご検討ください。

事前に親族関係や遺産を整理いただき、関連する書類をお持ちいただくことで、弁護士がより正確に状況を把握することができ、より適切なアドバイスが可能となります。

必要な書類などはご予約の際にお伝えさせて頂きますのでご安心ください。

相談の流れについてはこちら>>>

 

04-2936-8666

04-2936-8666

平日9:00~20:00

お気軽にお電話ください

04-2936-8666

受付時間:平日9:00~20:00