相続人調査・相続財産調査

遺産分割協議を行うにあたっては、まず、相続人と相続財産を確定させなければなりません。
そのために必要なのが、①相続人調査②相続財産調査です。
もし、相続人をきちんと把握せずに遺産分割協議を行ってしまうと、結局相続手続がとれず、新たに遺産分割協議をやり直す必要があります。
また、相続財産について調査をせず、被相続人の死後3ヶ月が経過すると、単純承認(プラスの財産もマイナスの財産も全て承継すること)となってしまい、結果的に莫大な負債を抱えてしまう危険性があります。
・被相続人が、生前に財産を明らかにしなかったので、今分かっている財産で全てかどうか不明である
・不動産や株式など、相続財産をどう評価すべきかよく分からない
・被相続人に離婚した妻の子や隠し子がいる可能性があり、家族関係が複雑なので、相続人がよく分からない
・消息不明の相続人がいる
このような場合は、専門家に相続調査を依頼してください。
①相続人調査では、戸籍謄本を収集し、相続人を確定します。また、②相続財産調査では、被相続人の財産を調査し、目録を作成します。戸籍を調査することで、被相続人が認知した子や前婚の子を確定することができます。また、所在が不明なケースでは、住所調査を行って、それらの相続人に遺産分割協議を交渉することもできます。相続財産の種類によっては、価値を見極めるのが困難なものもあります。
例えば、不動産や有価証券を相続財産としてどう評価するかは、前例や実際の運用を知識として知らなければ、そもそもどのような遺産分割が自分にとって有利なのかを把握することもできません。

当事務所では他業種の専門家とも提携しておりますので、財産の評価についてもご相談に乗ることが可能です。所沢で相続人調査や相続財産調査にお困りの方は武蔵野経営法律事務所にご相談ください。