相続手続き代行サポート

相続手続き丸ごと代行サポートのご案内(もめない相続の手続き)

遺産分割協議を行なうに当たってはまずは、誰が相続人なのか分割の対象となる相続財産は何があるのかを確定させる必要があります

遺産分割協議は、相続人全員の合意(署名・押印)がないと成立しないからであり、相続人や相続財産に不足や不備があった場合には、遺産分割協議をやり直し、法定相続人全員の合意を取った上で、改めて、遺産分割協議書を作成しなければならなくなってしまいます。

・被相続人には複数の先妻がいて、家族関係が複雑なので、誰が相続人なのかが良く分からない。
・音信普通で所在不明の相続人がいる。
・被相続人が生前に財産を明らかにしなかったので、今、判明している財産で全てかどうか、不明である。
・不動産や株式など、相続財産をどう評価すべきか(いくらなのか?)、よく分からない。

このような場合は、まずは弁護士に相続調査をご依頼ください。

相続調査には、①相続人調査と、②相続財産調査があります。

相続人調査では、被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)を収集・取得し、相続人を確定します。

特に、相続人の数が多い場合は、取り寄せる戸籍謄本等の書類も膨大な数になり、戸籍の読み方についても専門的な知識が必要となりますので、かなりの手間と労力・時間を要する作業です

次に、相続財産調査では、被相続人の財産(遺産)を調査し、財産目録(遺産目録)を作成します。財産の種類によっては、その所在や価値を見極めるのが困難なものもあります。

土地や建物などの不動産については、ある程度、その存在や所在は明らかと思われますが、預貯金口座等の流動資産については、目ぼしい金融機関に対して照会をかけて調査する必要がある場合もあります。

また、不動産の評価については、不動産鑑定士等の専門家の評価を受けることもできますし、株式の評価については、税理士等の専門家の評価を受けることもできます。

当事務所では、税理士や不動産鑑定士、司法書士、土地家屋調査士とも緊密に連携しておりますので、これらの財産評価なども専門家の協力を得て、実施することが可能です。

相続人と相続財産が確定したあと、ようやく、相続人全員の協議によって合意した内容を遺産分割協議書という書面にし、相続人全員の署名・押印(実印)をいただき、遺産分割協議が成立となります。


当事務所では、これらの一連の手続の流れの最初から最後まで、全てサポートさせていただきますので、安心してお任せいただければと存じます。