遺産分割Q&A

遺産分割調停を申し立てするためにどのような準備が必要か?

遺産分割調停は、家庭裁判所に対し、相続人の1人又は数人が残りの相続人を相手方として申立てをするものです。 では、遺産分割調停を申し立てる際に必要なこととは何でしょうか。具体的に解説していきましょう。 遺産分割調停の申立てに必要な書類 遺産分割調停の申立てをするためには、裁判所に提出する書類を取得し、又は作成する必要があります。必要書類は裁判所が指定しています。 なお、申立てを行う裁 続きを読む >>

親の土地の上に家を建てて住んでいるのは特別受益?

[su_box title="事案" style="soft"] 昨年Aさんの父親が亡くなり、父親の遺産の分割について相続人間で協議しているが、話がまとまらない。 相続人は、次男であるAさんと、長男B、長女Cの3人であり(母親は5年前に亡くなっている。)、また、遺産は、土地(更地評価3000万円)と預貯金900万円だが、土地の上には、10年前に長男Bが父親の了解を得て建てた建物が建って 続きを読む >>

遺産分割がまだ終わっていない!相続税の申告期限に間に合わないときの対処法は?

遺産分割協議に期限はない? 遺産分割協議をいつまでに終えなければならないという期限はありません。そのため、たとえば相続開始後5年や10年経過してから遺産分割協議を始めたとしても、相続人全員が参加して行われていれば、その遺産分割協議自体は有効です(なお、民法の改正により、相続開始後10年を経過すると特別受益や寄与分の規定が適用されないことになりました)。 もっとも、遺産分割協議が完了しない状 続きを読む >>

亡くなった親の預貯金、すぐに引き出すことは可能ですか?

質問 先日、私の父が急逝しました。父の相続人は父の妻である母と、私、妹の3人であり、遺言書はありませんでした。 父の葬儀を行いたいのですが、私も妹も資金的な余裕がありません。母も生活費を父の収入に頼っていたため、母名義の預金はほとんどない状況です。 そのため、葬儀費用及び母の当面の生活費とするために父の口座からお金を引き出したいと考えています。遺産分割はまだ行なっていませんが、父の口 続きを読む >>

遺産分割協議に応じてもらえない!そんなときどうしたら良いの?

遺産分割協議に応じない相続人がいて、相続手続が進まなくて困っている…。 年を重ねたきょうだい間の相続など、お互いに家族を持っていたりすれば、相続手続がスムーズにいかない場合もあります。 遺産分割協議に応じない相続人も出てくるかもしれません。 そんなとき、どんな問題が起こるのでしょうか。 今回は、遺産分割協議に応じない相続人がいる場合の具体的・実践的な解決方法をご説明します。 続きを読む >>

配偶者なしの相続人が亡くなった場合、法定相続人は誰になる?

単身世帯や生涯未婚率が増加傾向にあるというニュースがよく聞かれるようになりました。 実際に2015年の統計データでは、生涯未婚率も男性は23%、離婚率は約35%、単身世帯も約35%にのぼり、配偶者がいない家庭が多いことが窺えます。 独身でいる理由には、ライフタイルの多様化や親の介護、死別、晩婚化、経済的な問題など様々ですが、どんな状況でも避けて通れないのが相続です。 「配偶者も子 続きを読む >>

遺産分割協議書を偽造するとどうなる?

相続人のうちの1人が遺産分割協議書を偽造した場合、それは犯罪行為です。 犯罪ですから、遺産分割協議書を偽造した人には次のような厳しいペナルティがあります。 遺産分割協議書の偽造は刑法で罰せられる?懲役刑の可能性も? 遺産分割協議書は、相続人間の「契約書」というべきものです。一般私人間の契約書は法的には「私文書」にあたり、遺産分割協議書の偽造(他人の署名を勝手に記載すること)をした 続きを読む >>

相続人が行方不明の場合はどうすればいいか?

ケース①-行方不明の相続人が所在調査で判明した場合 相続人のうちの誰かが行方不明の場合は遺産分割協議が進められませんので、相続人の所在調査をすることになります。 私が実際に受任した案件では、行方不明の相続人は薬物犯罪で実刑判決を受け、全国のどこかの刑務所にて服役中とのことでした。 このため、私は、「弁護士法に基づく照会制度」を利用し、弁護士会を通じて法務省の担当部署に照会した 続きを読む >>

遺産分割協議書の内容を守らない相続人がいる場合の対処法は?

遺産分割協議で遺産の分け方を決めて遺産分割協議書も作成したのに、定められた内容を守らない相続人がいてトラブルになるケースがあります。 約束を守らずに遺産分割協議書の内容に従わない相続人がいれば、まずは話し合いによって解決することが望まれます。定められた内容を守らないような人であれば話し合いにも応じないかもしれませんが、そのような事情があっても遺産分割協議書の内容を一方的に撤回することはできま 続きを読む >>

持戻し免除の意思表示とは何ですか?どういうケースで認められますか?

「持戻し免除の意思表示」とは? 「特別受益」を相続財産に加算しなくてよいという被相続人の意思表示です。 共同相続人のなかに被相続人から特別受益を受けた人がいる場合には、原則として、この特別受益を相続財産総額に加算して「みなし相続財産」としたうえで、各共同相続人の(一応の)相続分を算定します。 そのうえで、特別受益を受けた相続人については、上記の(一応の)相続分からその特別受益の額を控 続きを読む >>

次の記事を見る >>

04-2936-8666

平日9:00~20:00

お気軽にお電話ください

04-2936-8666

受付時間:平日9:00~20:00