腹違いの兄弟の相続はどうなる?異母兄弟の相続について

腹違いの兄弟とは

腹違いの兄弟とは、母親が異なる兄弟をいいます。

相続が発生したあとになってから、初めて異母(異父)兄弟の存在が発覚するケースがあります。

例えば、父親が昔、離婚した際、その前妻との間に幼い子ども(A)がいて、その後再婚して、2人の子ども(B、C)を授かったケースを見てみましょう。

この場合、AとBCは、母親が異なる腹違いの兄弟となります。このような事案の場合、AとBCはお互いの存在を知らないことがあります。

ところが、ある日、父が高齢で亡くなったとします。そうすると、遺産分割協議はすべての相続人との間で行う必要があります。そこで、遺産分割においては、まず、相続人の範囲を確定するため、過去の戸籍をたどって相続人の有無を調査します。BやCが相続人を調査する過程で、異母兄弟のAがいることが発覚しました。

そして、Aが相続権を主張してきたとします。BやCからすれば、たとえAが父と血がつながっていたとしても、大昔に縁が切れているような者が突然、父の遺産取得を主張してくると納得できないでしょう。

他方で、Aとしても、父の記憶がなかったとしても、やはり自分の父親の遺産である以上、正当な権利を主張したいと考えてもおかしくありません。
BやCから非難されるいわれはないと考えるでしょう。

このような感情的な対立から、腹違いの兄弟間の相続問題は複雑化・長期化していくことがあります。

腹違いの兄弟の相続分は?

法定相続分について、民法900条は以下のとおり規定しています。

(法定相続分)
第900条 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。
1 子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各2
分の1とする。
2 配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、3分の2とし、直系尊属の相続分は、3分の1とする。
3 配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、4分の3とし、兄弟姉妹の相続分は、4分の1とする。
4 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。

では、腹違いの兄弟の場合はどうなるでしょうか? 具体例の方がわかりやすいので、上記の事例で解説します。

父が亡くなった場合

この場合の法定相続分は、母が2分の1です。

子どもの法定相続分は2分の1ですが、3人いますので、6分の1となります。

1/2×1/3=1/6

前妻はもらえないのか?と思われるかもしれませんが、離婚しているので配偶者ではなく、法定相続分はありません。

前妻が亡くなった場合

前妻は再婚しておらず、Aの他に子どももいません。

したがって、この場合は、Aが前妻の全財産を相続します。

父と母が既に他界している場合:Bが亡くなった場合

Bに配偶者や子どももいない場合、Bが亡くなれば、兄弟であるAとCが相続人になります。

しかし、腹違いの兄弟であるため、民法900条4号但書(父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする)によって、Aの法定相続分はCの2分の1となります。

したがって、Aが3分の1、Cが3分の2となります。

父と母が既に他界している場合:Cが亡くなった場合でCに妻子がいる場合

Cが亡くなった場合、兄弟ではなく、優先順位の高い配偶者と子が相続人となります(民法900条1号、それぞれの法定相続分は2分の1)。
そのため、腹違いの兄弟の問題は生じません。

ところが、上記のケースで、もし、Cに子どもがいない場合はどうなるでしょうか?

この場合、相続人は、民法900条3号によって、「配偶者の相続分は4分の3とし、兄弟姉妹の相続分は4分の1」となります。

そのため、Cの妻の相続分は4分の3となります。

AとBについては、残りの4分の1をわけることになりますが、腹違いのAの法定相続分はBの2分の1です。

したがって、Aの法定相続分が12分の1Bの法定相続分が12分の2(6分の1)となります。

異母兄弟の相続の問題点

異母兄弟の相続については、特有の問題があります。

以下、解説するのでご参考にされてください。

①異母兄弟がいないかの調査が難しい

遺産分割協議は、すべての相続人との間で合意をする必要があります。

そのため、異母兄弟であっても、遺産分割協議に加わっていなければ、遺産分割協議自体が無効となってしまいます。

遺産分割協議が無効になる場合について>>

遺産分割協議が終わってから、長年月が経過した後、異母兄弟が現れて遺産分割協議の無効を主張するというケースも少なくありません。

このようなトラブルを防止するために、相続が発生したら、相続人調査を行なって、異母兄弟の有無を確認する必要があります。

ところが、相続人の調査は決して簡単ではありません。すなわち、相続人の調査は、まず、戸籍謄本を何通も取り寄せる必要があります。

新しい戸籍から古い戸籍(被相続人の出生から死亡まで)を全て調べる必要があるのです。また、戸籍については、慣れていないと見方がわからないということがあります。

したがって、専門家ではない一般の方が自分で相続人を調査すると「相続人の漏れ」が生じるおそれがあります。

相続人調査について>>

②法定相続分の算出がわかりにくい

法定相続分は、複雑な算定式によって算出します。

異母兄弟の場合は、上記のとおり、通常の法定相続分とは異なることがあるため、より一層、気をつけなければなりません。

③解決まで長期間を要する傾向がある

異母兄弟がいるケースは、親族間の対立が激化する傾向にあります。

対立が激化すると、相手に対する不信感が生じるため、遺産の範囲について争いとなることがあります。

例えば、被相続人の遺産目録を見ても、本当にすべての遺産が記載されているのか信じられなくなります。また、遺産の範囲について争いがなくても、遺産の取り分について争いとなることがあります。

法定相続分といっても、異母兄弟の場合は不当であると感じる方が多いのです。

このような特殊性から、協議での解決が難しい傾向にあります。

相続人間の協議による解決が難しい場合、家庭裁判所に遺産分割調停の申立てをすることになります。

遺産分割調停等の手続は、一般的に長期間を要する傾向にあります。どれくらいの期間が必要かは、相続人の数や争点の複雑性等によって異なりますが、短くて半年程度、長くなると数年かかる事案も決して少なくありません。

遺産分割調停について>>

異母兄弟がいるケースの遺産分割協議を成功させるポイント

専門家に相続人調査を依頼

遺産分割を進める前提として、相続人調査を的確に行わなければなりません。

専門家ではない一般の方がご自分で行うのは難しく、また、可能であってもかなりの時間と労力を要するでしょう。

したがって、調査を専門家に依頼することも選択肢に入れて、検討すると良いでしょう。

相続問題に詳しい弁護士であれば、相続人調査についての依頼を受けてくれるはずです。

当事務所で相続人・財産調査をご依頼いただけます>>

法定相続分について相談する

相続人調査と同様に、法定相続分についても、専門家に相談するとよいでしょう。

相続人調査を依頼すると、法定相続分についてもアドバイスしてくれると思われます。

遺産分割協議の交渉を専門家に依頼

遺産分割協議を複雑化させず、話し合いで円満に解決させるために、専門家である弁護士に交渉を依頼するという方法が考えられます。

親族間では冷静な話し合いが難しくても、相続問題の専門家である弁護士であれば、冷静に相手と交渉できるので、協議が成立する可能性が高くなります。

遺産分割協議の交渉を専門家に依頼したい場合>>

まとめ

以上、異母兄弟がいるケースについて、くわしく解説しました。

遺産分割協議をスムーズに、かつ、適切に解決するためには、相続問題に対する専門知識と豊富な経験が必要となります。

そのため、相続問題に精通した弁護士へ相談することを強くお勧めします。

遺産分割協議でお困りの方は、是非、当事務所までお気軽にご相談ください。

弁護士による相続の相談実施中!

弁護士に相続の無料相談武蔵野経営法律事務所では、初回相談は60分無料となっております。

「遺産相続でトラブルになってしまった」

「不安なので相続手続をお任せしたい」

「子どもを困らせないために生前対策をしたい」

などのニーズに、相続案件に特化した弁護士がお応えいたします。

お気軽にご相談ください。

相談の流れについてはこちら>>>

電話での相談予約は、04-2936-8666にお電話ください

メールでの相談予約は24時間受け付けております。

当事務所の相続問題解決の特徴

詳しくはこちらから>>>

相続の悩みはどんな場合に誰に相談すべきか

当事務所でよくご相談いただくサービスメニュー

遺産分割遺留分遺言作成

当事務所に寄せられるQ&A

この記事の執筆者

加藤 剛毅
加藤 剛毅弁護士 元さいたま家庭裁判所家事調停官
専門分野:相続、不動産、企業法務
経歴:埼玉県立熊谷高校から早稲田大学法学部に進学。卒業後、平成16年に弁護士登録。平成21年に地元である埼玉に弁護士会の登録替え。平成26年10月より、最高裁判所よりさいたま家庭裁判所の家事調停官(いわゆる非常勤裁判官)に任命され、4年間にわたり、週に1日、さいたま家庭裁判所に家事調停官として勤務し、数多くの相続事件を担当。平成30年5月に武蔵野経営法律事務所を開業し、現在に至る。

家事調停官の経験を活かし、相続事件の依頼者にとって最適な解決に導くサポートを実施している。

家事調停官時代の件数を含めて、相続事件の解決実績は250件以上に上り、地域内でも有数の実績である。

相続Q&Aの最新記事

遺産分割Q&Aの最新記事

04-2936-8666

04-2936-8666

平日9:00~20:00

お気軽にお電話ください

04-2936-8666

受付時間:平日9:00~20:00